グリニッチストールは、クリスマス刺繍クラッチは、お祭りのようなトリートメント


オリンピアルタンどのようにグリンチストールクリスマス刺繍CLUCH . jpg
休日の精神に入る多くの方法があります。一部の人々のために、それはあなたの休日の買い物を始めるかもしれない、お祝いの音楽を聞いたり、スターバックスであなたの就任ジンジャーブレッドラッテを取得します。オリンピアルタンのために、それは明らかにサインブックのテーマを作成クラッチの別の作成です。私たちは彼女に同意する傾向があります-しかし、どのようなより良い方法を休日の精神を取得するには、このオリンピアルタンのような休日の古典の周りにどのようにグリンチェッチは、すべての休日のパーティーにクリスマス刺繍クラッチを盗んだ?


オリンピアルタンは、例えば、現実的な刺繍の本のカバーで、ライ麦と偉大なギャツビーのキャッチャーのような本のクラッチとして文学の中で多くの古典を再現しています。それは彼女の署名のクラッチまで古典的なクリスマスの物語になってまでの時間の問題であり、今ではいくつかのネット-ポーターでデビュー。ルタンの本クラッチのすべては手作りです、そして、それはこの美しく詳細なグリンチェッチ・クラッチを含みます。 バレンシアガ – Wikipediaこのクラッチの正面は正確にどのように多くの博士Seussクラシックハードカバー本を覚えている、と彼の気質にもかかわらず、グリンチェッチクラッチは、任意の袋と本愛好家の顔に笑顔をもたらすにバインドされています。さて、グリンちゃんは、誰かがこのオリンピアルタンクラッチをこのクリスマスに与えたならば、私の心臓は3つのサイズも大きくなるかもしれないと思います。

【プレゼントの選び方】普段用 or お出かけ用を決めてから選ぼう

【プレゼントの選び方】普段用 or お出かけ用を決めてから選ぼう

40代女性にバッグをプレゼントするときには、普段気軽に使えるものを贈るのか、お出かけ用の上質なアイテムを選ぶのかをまず考えることが大切です。

普段使いのレディースバッグなら、プレゼントする40代女性のコーディネートに合うデザインやカラーを選びましょう。
愛用しているバッグと同じほどの大きさで、軽い素材で作られたものがぴったりです。

top1

バレンシアガ ショルダーバッグ 偽物  Balenciaga エブリデイ カメラバッグ XS

top2

新作入荷☆GUCCI☆グッチスーパーコピー[ズゥミ] グレインレザー ミディアム トップハンドル 564714 1B90X 9022

top3

【大人気!CELINE】セリーヌ かごバッグ 偽物 トリオンフ バスケット Large Triomphe バスケット 192492CGG.04LU

top4

ルイヴィトン オンザゴー コピー Vuitton バッグ ノートパソコン M56081

2020ピックアップ特集

お出かけ用なら、女友達などに自信を持って見せることができるブランドのバッグが最適。デザインだけでなく、品質も重視して選んでください。

母の日のプレゼントには、春らしい明るい色や初夏にぴったりの素材を使った商品が人気を集めています。素敵なバッグを見つけたら、お母さんと色違いでペアにするのもおすすめです。

「グッチ」や「プラダ」が協力 ゲームとSNSとショッピングが一体化したスタイリングゲームアプリ「ドレスト」とは

英「ハーパーズ バザー(HARPER’S BAZAAR)」や、大手ファッションECサイト「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」が発行する雑誌「ポーター(PORTER)」で経験を積んだルーシー・ヨーマンズ(Lucy Yeomans)が、ゲームとSNSとショッピングが一体化したスタイリングゲームアプリ「ドレスト(DREST)」を発表した。

同アプリでプレーヤーは、ファッション誌のスタイリストとしてアバターにスタイリングを施す。他のプレーヤーのスタイリングもチェックすることができ、他者からの評価が高いとプレゼントがもらえるという。また、アプリ内に登場するアイテムは実際に購入することもできる。

ヨーマンズは同アプリについて、「始めはジュニア・スタイリストとしてキャリアがスタートする。毎日ミッションが与えられ、撮影ミッションもあり、プレーヤーが施したスタイリングについて『エルドットコム』に載っているようなレビューが届く仕組みだ」と説明する。

プレーヤーはミッションごとにドレスコードやシーズンテーマ、キーカラーなどのトレンド情報を与えられる。「このゲームでやりたかったことは、私が編集者時代にできていたことをより多くのファッション好きと共有したかったからだ」とヨーマンズは語る。

プレーヤーは、ミッションごとに数種類のアバターの中からモデルを選択する。選択できるアイテムはウエアからバッグ、シューズ、サングラスなどのアクセサリーまで幅広い。登場するブランドも「バーバリー(BURBERRY)」「グッチ(GUCCI)」「プラダ(PRADA)」「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」などが並ぶ。また、実際にプレーヤーが購入する際には「ファーフェッチ(FARFETCH)」が販売や流通を担うという。

数々の有名ブランドが参加する中、「グッチ」は同アプリとパートナーシップを締結した。「ドレスト」によると、「グッチ」の2019-20年秋冬コレクションがアプリに登場するほか、「グッチ」のアンバサダーで、2018-19年秋冬コレクションでは自分の顔にそっくりな“生首”を持ってランウエイを歩いたことで知られるロシア人モデルのウニア・パホモワ(Unia Pakhomova)がアバターとして登場する。「ドレスト」は今後さらに実在する俳優やモデル、インフルエンサーなどをアバターとして登場させる予定だという。

同アプリの正式な公開は来年で、現在はソフトローンチの段階だ。同アプリの開発には、投資家で起業家のグラハム・エドワーズ(Graham Edwards)が携わっている。

コム デ ギャルソンと人気DJハニー・ディジョンの新ブランドがいよいよ発売

コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)と、ニューヨークやベルリンを拠点に活動するDJのハニー・ディジョン(Honey Dijon)が立ち上げた新ブランド「ハニー・エフィング・ディジョン(HONEY F—ING DIJON)」が初コレクションを発売する。

アイテムはTシャツ、DJバッグ、ヘッドフォン、ウオレットなどで、価格は80~800ドル(約8400~8万4000円)。「コム デ ギャルソン」の川久保玲デザイナーがディレクションするセレクトショップ、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET以下、DSM)ロンドンで10月5日に発売され、後にDSMニューヨークとロサンゼルスでも販売される。

エイドリアン・ジョフィ(Adrian Joffe)=コム デ ギャルソン インターナショナル(COMME DES GARCONS INTERNATIONAL)最高経営責任者(CEO)兼DSM CEOは、「以前からハニーのファンだったが、『メットガラ(MET GALA)』の際に当社が開いたアフターパーティーで彼女と直接会った。全力で仕事に打ち込むその誠実かつアーティスティックな姿勢を見て、ぜひ協業したいと思った」と語った。

ディジョンは抜群のプロポーションと独自のファッションセンスからモード界との縁が深く、キム・ジョーンズ(Kim Jones)がメンズ・アーティスティック・ディレクターを務めていた時代の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や現在キムが率いている「ディオール(DIOR)」のメンズ・コレクションのショーで音楽を担当したほか、「バーバリー(BURBERRY)」などのイベントでもDJを務めている。今回の協業については、「エイドリアンとは以前からいい友人だったし、私はファッションが大好きだから、これは絶好の機会だと思った」と述べた。

また、ディジョンはトランスジェンダーDJとしても知られており、インスタグラムで約13万4000のフォロワーがいる。自身が子どもだった頃に手本となるロールモデルがいなかったことから、LGBTQコミュニティーの若者に対してある種の責任を感じているという。「私は、私のような(トランスジェンダーの)人間が表立って何かを表現する機会がない時代に育った。私がこうしてコム デ ギャルソンと協業する姿を見せることで、少数派の人間にも価値があり、最高のブランドと仕事ができるということをLGBTQの若者に示したい」と話した。

なお、「ハニー・エフィング・ディジョン」は、コム デ ギャルソンが新たに設立した子会社ドーバー ストリート マーケット パリ(DOVER STREET MARKET PARIS)が擁する初のブランドとなる。同社はオリジナル商品の企画開発のほか、ブランド育成、生産、販売などを行うという。その一環として、同社は小型店ドーバー ストリート パルファン マーケット(DOVER STREET PARFUM MARKET)を10月2日にオープンする。ブランド開発では、シンガポール発のストリートブランド「ユース イン バラクラバ(YOUTH IN BALACLAVA)」や、写真家のイーライ・ラッセル・リネッツ(Eli Russell Linnetz)がDSMと設立した「ERL」などを育成する。ジョフィCEOは、「クリエイティブな才能を育成し、若いブランドの開発支援を行う組織をつくりたいと考えた。今後もさまざまなプロジェクトを行っていくが、事を急がず、自然な流れでやっていきたい」と説明した。

“BALEHENGANA”キャップ 予約販売開始

「ヴァンキッシュ(VANQUISH)」は7月18日〜8月31日の期間中、“ばれへんがな(BALEHENGANA)”キャップの予約販売を行う。1、2回目の販売は即日完売し、今回が3回目。関西弁バージョンの“ばれへんがな”と標準語バージョンの“ばれないから(BALENAIKARA)”の2種類を展開する。価格は4500円。

「ヴァンキッシュ」を展開するせーのの石川涼・社長は、“ばれへんがな”について「『人は大してあなたに興味ないですよ』っていうメッセージ」と述べている。注視しなければ「バレンシアガ(BALENCIAGA)」と区別の付かないロゴマークで、昨今のブランドロゴ信仰を皮肉る。

なお「バレンシアガ」アーティスティック・ディレクターのデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)は、「ヴェトモン(VETEMENTS)」のパロディーブランド「ヴェトミームス(VETEMEMES)」を公認するなど、パロディーに対して寛容な態度を示している。

ライダースジャケットとジーンズを組み合わせた無骨な男の鉄板コーデ

ライダースジャケットとジーンズの組み合わせは無骨な男の鉄板スタイルだ。下記のスタイリングでは、クタ感のある風合いのライダースジャケットやダメージジーンズといったアイテムチョイスで、無骨な雰囲気をさらに高めている。グリーンレンズのサングラスや胸ポケットに入れたグリーンフレームのアイウェア、オリーブグリーンが入ったカモ柄のストールなど、こだわりが感じられる小物使いも見逃せない。

英国の香りを漂わせるグレンチェック柄のチェスターコートを、ガゼットが入ったスポーティーなカットソーとダメージジーンズを合わせてラフにコーディネート。カットソーの鮮やかなイエローが着こなしにスパイスをきかせている。

ジーンズを取り入れたジャケパンスタイルにこなれ感を出したい場合、ダメージジーンズを取り入れるという選択肢は一考の価値があるだろう。シャープなストライプが走るネイビージャケットにあえて無造作なダメージ加工が施されたジーンズを合わせることで絶妙なハズしに。ノーマルなジーンズからダメージジーンズ、昨今じわじわと注目を集めている上品なデニスラなど、ジーンズ一つとっても多種多様なデザインがあるため、スタイルによってアイテムをうまくチョイスしたい。

カーハートのデニム素材カバーオールにジーンズ、レッドウィングのアイリッシュセッターを合わせた無骨なアメカジスタイル。ブーツ以外をブルー系アイテムで統一することで、土臭い印象を与えがちなアメカジコーデをクリーンで新鮮な装いに。デニムジャケットとジーンズはトーンに微妙な差をつけることで緩やかなグラデーションを表現している。

ヴィンテージ感溢れるライダースジャケットにハードなダメージ加工が施されたジーンズを合わせたワイルドなコーディネート。ジーンズの裾にあしらわれたジップデザインや足元にセットしたワークブーツが無骨な雰囲気を高めている。

ドレッシーなチェスターコートをダメージジーンズ、ウイングチップシューズでカジュアルに着こなし。もともと作業着として作り出されたジーンズと、同じく作業用の靴であったウイングチップシューズは相性抜群だ。フロントの上部のみハイブリーチをかけたような色落ち具合がネイビーのチェスターコートとメリハリのある印象に。

ダークネイビーのマウンテンパーカーとほどよく色落ちしたブルージーンズでグラデーションを表現。足元にはホワイトのコンバース オールスターをセットすることで、ボトムに向かって徐々にトーンを明るくしたカラーリングに。軽快感のある着こなしが完成。

ヒゲ加工やタテ落ちの風合いが魅力的なブルージーンズにテーラードジャケットとダウンジャケットをセット。カジュアルアイテムとドレスアイテムの絶妙なバランス感覚に注目だ。色使いを極力抑えている点も洗練された印象を与える秘訣のひとつ。ダウンジャケット×カジュアルジャケパンスタイル

ジーンズにデニムジャケットを合わせたデニムオンデニムの武骨なスタイリングにハンティングジャケットを羽織ることでラギッドな雰囲気溢れるコーディネートに。タートルネックはハンティングジャケットのチェック柄に色味をリンクさせてレッド系をチョイスして統一感を。

シングルライダースジャケットにライトブルージーンズを合わせたラギッドな印象のコーディネート。ホワイトレザースニーカーなど、シンプルなアイテムのチョイスによって、大人の風格漂う雰囲気に。

ジーンズにセンタークリースを入れることで、ドレッシーなニュアンスをプラスするのも有力な選択肢だ。昨今では、スラックスにデニムを採用したモデルはもちろん、ジーンズにスラックスのシルエットを採用したモデルまで展開されている。革靴やジャケットなどのドレスアイテムとジーンズを合わせたスタイリングなどに取り入れていきたい。

Pコートの襟を立てることで立体感のある首回りを表現したスタイリング。Pコートの特徴であるショート丈を利用したストールのレイヤードテクニックが洒脱な印象を与える。ボトムにはジーンズを合わせながらも、足元にウィングチップシューズをチョイスすることで、締まりのある雰囲気をキープ。

ライダースジャケットにジーンズを合わせた鉄板スタイリング。色落ちしたブルージーンズにホワイトソックスとスニーカーを組み合わせたスタイリングが、スケーターテイストを思わせる。トップスはブラックでまとめてシックな雰囲気をキープ。

前立ての網目が変えられたグレーカーディガンに、フランネル生地のテーラードジャケットとジーンズを合わせたカジュアルジャケパンスタイル。足元にブラックのプレーントゥを合わせてカジュアルの中にも締まりのある印象に。

ジャケットに裾を切りっぱなしにしたジーンズを合わせてラフな雰囲気を演出したスタイリング。切りっぱなしも裾のほつれがあまり目立たない程度のダメージ感であれば、取り入れやすい。素足履きでローファーを合わせて品のある印象もキープ。

スリムジーンズにスラントポケットやピークドラペルのディテールが英国調の雰囲気を漂わせるテーラードジャケットを合わせたジャケパンコーディネート。足元には、チェルシーブーツをチョイスしてスマートなシルエットに。

ブルージーンズにチェスターコートを合わせたスタイリング。デニムの鮮やかなブルーの色味が、爽やかな雰囲気を演出してくれる。裾にはピンロールを採用し、スニーカーを合わせることで軽快な印象に。

グレージーンズにネイビーチェスターコートを合わせたコーディネート。ブラック系の色味のジーンズなら、スタイリングも自然と締まりのある表情に。ブラックのプレーントゥの革靴とも相性◎

デニムオンデニムの上にバブアーのジャケットを羽織ることで、武骨な雰囲気溢れる男のスタイリングが完成。リーバイスのデニムジャケットの赤タグとリンクするように、バンズのスニーカーやバンダナでレッドの差し色を加えたスタイリングが洒脱な印象を与える。

織りのある柄が特徴的なテーラードジャケットのインナーにジレを着込んだスタイリング。ジレのボタンホールに配されたレッドのカラーリングがアクセントに。メリハリのある濃淡とハードなダメージ加工が施されたジーンズで個性をプラス。

スキニーシルエットのジーンズにダブルチェスターコートを合わせてドレッシーな雰囲気をプラスしたコーディネート。ダブルモンクストラップのデザインが施されたブーツが個性を引き立たせる。全身をネイビーで統一したまとまりのあるアイテムチョイスにも注目したい。

ライトブルーに色落ちしたスリムシルエットのジーンズに、ダブルのナイロンベージュコートを合わせてシルエットにメリハリをきかせたコーディネート。全体に色味の明るいアイテムをチョイスすることで、重厚感のある冬の重ね着スタイルも軽快な印象に。

ヴィンテージ感のある色味が雰囲気のあるジーンズに、ストライプのダブルジャケットとフーテッドコートを合わせたスタイリング。ストールのピッティ巻きのアレンジがVゾーンにアクセントを与える。足元にはコードバンの輝きが目をひくプレーントゥの革靴を合わせて無骨な印象の仕上がりに。

今シーズンの注目株であるベルテッドコートにジーンズを合わせたコーディネート。オイルが浸透した光沢のある生地感とデニムの武骨な風合いが好相性。あえてフロントでコートのウエストベルトを結ぶことで、アクセントとシルエットに変化を加えている。

ジーンズは、チェスターコートのようなドレス系アイテムにも意外とすんなりとハマる点も魅力的。スリムシルエットも、細すぎない適度なゆとりのあるサイジングが今シーズンは人気だ。ロールアップを組み合わせれば、スマートで軽快な印象を演出できる。

“スピーディ”でスピーディーに不況から脱出か

世界中でラグジュアリーブランドが苦戦する中、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が定番ライン“スピーディ”のエントリーレベルのハンドバッグや革小物の強力プッシュで、スピーディーに苦境から抜け出しそうだ。“スピーディ”は今年、日本市場でも改めて注力し、一定の成果を上げている。

メガバンクHSBCは、「ルイ・ヴィトン」が2016年度の下半期から18年まで、年率5~6%のペースで成長を続けそうだと予想。アントワン・ベルジュとアーワン・ランブルグ=ラグジュアリー・アナリストは、「『ルイ・ヴィトン』は『グッチ』と並び、ラグジュアリー市場で新客、特に若い消費者を引き付けている」と評価する。「ルイ・ヴィトン」は近年、店舗網の拡大を一休みして、MDを強化。よりラグジュアリーなバッグはもちろん、モノグラムアイテムの再開発、革小物の改良などが奏功し、これらのカテゴリーは2ケタ成長しているようだ。2人は、「『ルイ・ヴィトン』の顧客は富裕層だけに限らない。年収3万5000ドル(約395万円)の人だっている」と商品構成の幅広さを高く評価した。

「ルイ・ヴィトン」は、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンの利益の約半分をたたき出していると推測されている。HSBCはダナ キャラン インターナショナルのG-Ⅲアパレルグループへの売却や「リモワ」の買収など、企業としてのLVMHも高く評価している。

グーグルの“ウィ・ウエア・カルチャー”プロジェクト始動

グーグル(Google)が公式にリリースしている世界中の美術作品を閲覧できるアプリ、「グーグル・アーツ・アンド・カルチャー(Google Arts & Culture)」が、ファッション分野に特化した“ウィ・ウエア・カルチャー(We Wear Culture)”プロジェクトをスタートした。

世界42カ国以上の国々の180以上の文化施設や美術館と提携し、アプリ上で400以上の記事、450以上の展示会、さらに3万点以上のアート作品を閲覧できる。さらに、VRにも対応しており、「シャネル(CHANEL)」のブラックドレス、「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」のマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)のために作られた“スティレットヒール”などにフォーカスした360度パノラマ動画も視聴可能だ。

メットガラでおなじみのメトロポリタン美術館を始め、アントワープのモード美術館、京都服飾研究財団、サルヴァトーレ・フェラガモ美術館などと提携し、ストリートビューで美術館内を探索できるほか、展示品もキュレーションしていく。

開発に2年もの月日を要したという同プロジェクトがカバーしている作品の量に圧倒されてしまいそうだが、アイコン、ムーブメント、メイキング、アートの4つのカテゴリでコンテンツを分けて紹介している。

「グーグル・アーツ・アンド・カルチャー」はウエブ版のほか、iOSとアンドロイドで無料ダウンロード可能。

「ゼム マガジン」出身の編集者が新メンズ誌

メンズ誌「ヒュージ(HUGE)」(講談社)で経験を積み、「ゼム マガジン(Them magazine)」(Righters)を2014年の創刊から18年まで右近亨編集長とともに制作してきた編集者の大城壮平(30)は、新たなメンズファッション・カルチャー誌「ヴォストーク(VOSTOK)」を3月25日に創刊した。青山ブックセンター本店、代官山 蔦屋書店、銀座 蔦屋書店、オンラインストア「Magazine isn’t dead」で販売する。価格は1500円。

前半はファッションシューティングがメインの構成。写真家のホンマタカシとスタイリストの林道雄によるファッションストーリーや、写真家の奥山由之が高田勇人がスタイリングした「サンローラン(SAINT LAURENT)」をポラロイドで撮影するなど、著名クリエイターが多く参加し、個々の感性を発揮する。また「セリーヌ(CELINE)」や「ディオール(DIOR)」にフォーカスしたページは、写真家の川村優人や白石晋一郎、スタイリストの吉田周平や深海佳宏ら若手によって撮影が行われた。大城は「自分と同年代のクリエイターに多く参加してもらった。若手が才能を素直に発揮できる場にしていきたい。ファッションに憧れる10代や20代は昔に比べて少なくなっているけれど、若手の写真家やスタイリストの活躍を見てもらうことでファッションに憧れる人が一人でも増えるかもしれないから」と期待する。大城と同郷の先輩でもある工藤司「クードス(KUDOS)」デザイナーがディレクションしたファッションページも設けている。

後半はアートやカルチャー系のコラムなど、読み物のページが続く。「ワイアード(WIRED)」日本版元編集長の若林恵や「スタジオボイス(STUDIO VOICE)」「トキオン(TOKION)」元編集長の松村正人、元「ヒュージ」エディターの田口悟史らがライターとして参加する。ニューヨーク在住の作家エイミー・ボナフォンズ(Amy Bonnaffons)の短編小説のほか、アーティストや作家へのインタビューも行っている。

誌名「VOSTOK」は和訳すると“極東”だ。大城は18年10月にRightersから独立し、「日本から『本物』のファッション・カルチャー誌を世界中に発信していきたい」という思いで創刊を決意した。「独立当初はこんなにすぐ創刊する予定はなかった。でも学生時代から右近さんの下で編集業に携わってきたので、雑誌に対する思いは常に持っていた。結局、がまんできずに作ってしまった」。

18年12月に創刊を決意し、わずか2カ月で264ページを完成させた。短期間での制作だったため広告はなく、自費での出版。資金集めは楽ではなかったが、誌面に掲載するアート作品やファッションの美しい色が映えるように、紙選びにも決して妥協しなかった。「インターネットが発達して世の中は情報で溢れているけれど、紙でしかできない表現は絶対になくならない。作り手の思想や哲学を、紙面を通じて伝えたい。そのためならたとえ紙代が高くても、妥協したくなかった」。

今後は創刊号と同等のボリュームを維持し、3月と9月の年2回の発行を予定する。広告営業も積極的に行ってまずは継続させることを第一に掲げながら、誌面では著名人へのインタビューや海外の若手クリエーターらも巻き込んでコンテンツの幅を広げていく。「誰も知らないような情報が載っていることも大事だけど、世に出す以上は編集者の自己満足になってはいけない。手にとった人に楽しんでもらえる、世界基準のファッション・カルチャー誌を目指したい」。

「グッチ」の帰還と新生「ボッテガ・ヴェネタ」を見逃すな

2019-20年秋冬のミラノ・ファッション・ウイークが2月20日に開幕する。25日までの6日間で、公式スケジュールでは約60ブランドがランウエイショーやプレゼンテーションを行う。

今季のミラノの注目は、やはり「グッチ(GUCCI)」。先シーズンは発表の場をパリに移し、その影響もあってミラノのパワーダウンは否めなかったが、絶好調の「グッチ」がミラノに帰ってくる。

新クリエイティブ・ディレクターのダニエル・リー(Daniel Lee)が就任して初のショーとなる「ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」も見逃せない。ダニエルはフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)時代の「セリーヌ(CELINE)」の出身。ポスト・フィービー市場と呼べる、ひねりの効いた大人の上質な日常着の担い手として期待が高まる。リアルクローズが持ち味のミラノは、同様に大人の日常着を強みとするブランドがそろう。「ジル・サンダー(JIL SANDER)」や「マックスマーラ(MAX MARA)」などにも注目だ。

2年目を迎えた「モンクレール Tシャツ コピー」も、今やすっかりミラノ・ファッション・ウイークの“顔”だ。今季から、新たに「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」のマシュー・ウィリアムズ(Matthew M. Williams)と、ロンドンの若手有望株、リチャード・クイン(Richard Quinn)を新たなコラボレーターとして招へいしている。